お申し込み手続き.消防交流広場の無料会員サービスは、お名前、メールアドレスなどをご登録いただくだけで、記事をお読みいただけます。

ニュース一覧

ID タイトル
内容
公開日
135 第二回 埼玉県三芳町倉庫火災を踏まえた防火対策及び消防活動のあり方に関する検討会の傍聴について(2017.04.14)
大規模倉庫の火災を受け、消防庁と国交省により検討会が設置され、第二回 検討会が開催されました。
この会を傍聴して参りましたので、こちらで作成したメモを掲載いたします。
ご興味のある方はどうぞご覧ください。->URL
2017/04/13
133 埼玉県三芳町倉庫火災を踏まえた防火対策及び消防活動のあり方に関する検討会の傍聴について
先月発生した大規模倉庫火災を踏まえ、消防庁及び国交省が事務局となり、新たな検討会が発足されました。
第一回の検討を傍聴して参りましたので、こちらで作成したメモを掲載いたします。
ご興味のある方はどうぞご覧ください。->URL
2017/03/15
132 月刊フェスク3月号の掲載について
月刊フェスク3月号を掲載しました。
もう少し知りたいでは、小林教授より「糸魚川の火災と市街地延焼火災防止対策」という題名で、日本の市街地大規模火災対策の課題について考えて頂いております。
また、新製品紹介では、ピクトグラムを入れた消火器の蓄光標識について、日本消防標識工業会から紹介をいただいております。
詳しくは記事をご覧ください。->URL
2017/03/03
131 平成29年度 消防防災研究助成金 交付事業について
既に(一財)日本消防設備安全センターのHPでご覧になった方もいらっしゃると思いますが、現在、消防防災研究助成金交付要綱に基づく競争的研究等助成事業のテーマを募集しております。
募集締切は、平成29年3月31日となりますので、ご興味のある方は当センターのHPより、「消防防災研究助成金交付要綱」、「研究助成事業応募要領」及び「【別記様式】消防防災研究助成金交付要綱」をご覧いただき、ご応募願います。(担当:企画研究部 平井・安野)

平成 29 年度 消防防災研究助成金交付事業の公募予定
http://www.fesc.or.jp/04/pdf/h29_bosyuuyoukou.pdf
消防防災研究助成金交付要綱
http://www.fesc.or.jp/04/pdf/joseiyoukou2.pdf->URL
2017/02/20
130 月刊フェスク 2017年2月号の掲載について

本日より、月刊フェスク2月号を掲載しております。
新製品紹介では、地上に設置する唯一のフート弁の記事が掲載されております。このフート弁は、水中に設置しないため錆びにくく、落水の確認もしやすいという特徴があるようです。
詳しくは記事をご覧ください。->URL
2017/02/03
129 ハロン消火剤と予防行政に関する研修会2016
特定非営利活動法人消防環境ネットワーク様が開催した研修会の講演資料について掲載許可を頂きましたので、是非、ご一読願います。
「ハロン消火剤と予防行政に関する研修会2016」->URL
2017/01/26
128 月刊フェスク 2017年1月号の掲載について
月刊フェスク1月号を掲載いたしました。
新年号では毎年恒例となります年頭の辞・新春対談の記事が読めます。

今年もよろしくお願い致します。->URL
2017/01/06
127 月刊フェスク12月号の掲載について
本日より、月刊フェスク12月号を掲載しております。
特別寄稿では、兵庫県立大学防災教育研究センター長 室崎益輝様に記事を書いて頂きました。
地震火災リスクの評価の現状では、都市の大火に備えての取り組みが極めて弱く、必ずしも万全でない拘っている現実があると書かれております。
震災による被害が多く、今後も大地震の発生が予見されていることもありますので、ご一読頂ければ幸いです。->URL
2016/12/05
126 「最近における予防行政の動向について」消防庁予防課 講演資料について(2016/11/02)
消防設備協会長会議にて、消防庁予防課 伊藤設備専門官様にご講演いただいた際に用いた資料を、「消防のうごき」に掲載いたしますので、最近の予防行政についてご確認ください。->URL
2016/11/08
125 月刊フェスク11月号の掲載について
本日より、月刊フェスク11月号を掲載しております。
事例研究では、物販店舗のバックヤードに積み上げられた商品が、非常用の照明装置の熱により出火した火災事例を、横浜市消防局様にご紹介していただいております。
是非、ご一読ください。->URL
2016/11/04
124 「第1回 外国人来訪者等が利用する施設における避難誘導のあり方に関する検討部会」の聴講について
平成28年10月14日(金)に消防庁予防課が事務局となる「外国人来訪者等が利用する施設における避難誘導のあり方に関する検討部会」がありました。
検討部会を聴講させていただき、こちらで概要を作成しましたので、ご一読いただければ幸いです。

掲載場所は、「広場からのお知らせ>消防のうごき」となります。
 ※ 茶色のアイコンになります。->URL
2016/10/17
123 「消防用設備等点検報告制度のあり方に関する検討部会」の聴講について
「消防用設備等点検報告制度のあり方に関する検討部会」の聴講について

平成28年10月11日(火)に消防庁予防課が事務局となる「消防用設備等点検報告制度のあり方に関する検討部会」がありました。
検討部会を聴講させていただき、こちらで概要を作成しましたので、ご一読いただければ幸いです。

掲載場所は、「広場からのお知らせ>消防のうごき」となります。
 ※ 茶色のアイコンになります。->URL
2016/10/13
122 月刊フェスク10月号の掲載
本日より、月刊フェスク10月号を掲載しております。
研究報告では、電気火災の抑制方策に関する検討部会報告書の概要について、東京消防庁予防部予防課様にご紹介いただいております。
火災の原因として電気火災の割合が増加している現場を捉え、様々な実験・検証を行ったものを取り纏められておりますので、是非、ご一読ください。->URL
2016/10/04
121 救助袋の点検
(一社)全国避難設備工業会様より、救助袋の点検に関するリーフレットの掲載許可を頂きました。
救助袋の点検を行っている業者の方や施設担当者の方に見て頂きたいものとなっておりますので、ご確認の程よろしくお願い致します。->URL
2016/09/07
120 月刊フェスク9月号の掲載
本日より、月刊フェスク9月号を掲載しております。
1973年に発生した大洋デパート火災を受け、消防庁は遡及設置に踏み切りました。
小林恭一教授が「もう少し知りたい」で詳しく解説しておりますので皆様ご覧ください。->URL
2016/09/05
119 月刊フェスク8月号の掲載
本日より月刊フェスク2016年8月号を掲載しました。
現場レポートでは、「オリンピック・パラリンピック施設等における防火・避難対策」について、東京消防庁予防部予防課より情報提供をいただいております。
東京消防庁では、東京オリ・パラ関連施設にて、観客の安全性を確保するための防火・避難対策を取り纏めているところで、今回は中間報告として報告書が作成されているとありました。
なお、本文については、東京消防庁のHPにて公表されているそうです。併せてご確認ください。
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-yobouka/kabousin/22k/olmpic.pdf->URL
2016/08/04
118 「やさしい日本語」の活用について(情報提供3)
以前より情報提供を頂いている「やさしい日本語」の活用について最新版のデータを頂きましたので、ご紹介します。
通常の日本語と「やさしい日本語」の表現を対比した表があり、館内放送のマニュアルを見直すのに便利な情報となっております。
一例)
「危険」↔「あぶない」
「至急」↔「いそいで はやく」
平常時ならともかく非常時においては、大人であってもの言葉の理解度は低下すると聞いておりますので、参考としてください。->URL
2016/07/19
117 月刊フェスク7月号の掲載
本日より月刊フェスク2016年7月号を掲載しました。
安全センターのうごきでは、移動式粉末消火設備等の加圧用ガス容器の容器弁の開放点検について紹介されております。
容器弁のバルブが開放しなかった事例を受け、点検方法の項目が追加されたため、安全センターではリーフレットを作成いたしました。
このリーフレット月刊フェスクに掲載しておりますので、是非、ご覧ください。->URL
2016/07/06
116 「やさしい日本語」の活用について(情報提供2)
今度は、やさしい日本語を使ったアナウンスの方法について情報提供いただきました。
火災等の非常時にアナウンスする際に大事なことは、「大きな声で ゆっくりと はっきりと 区切りをつけて 伝えます。」とのことです。
消防訓練の際に講話を依頼される方や立会いをする方などは、この様な考えがあることをご承知おき頂くと助かります。->URL
2016/06/22
115 「やさしい日本語」の活用について(情報提供)
消防交流広場に「やさしい日本語」に関する情報提供がありましたのでここで紹介いたします。
既に「やさしい日本語」を知っている方もそうでない方も、この機会に閲覧していただき、1つでも多くの知識を得ていただけると幸いです。->URL
2016/06/15
114 月刊フェスク6月号が掲載されました。
本日より月刊フェスク2016年6月号を掲載しました。
「もう少し知りたい 防火法令の基礎知識」では、東京理科大学大学院国際火災科学研究科 小林恭一教授に執筆をお願いし、「予防行政の重要性」というタイトルで寄稿いただいております。
消防職員だけでなく皆様に読んでいただければ幸いです。->URL
2016/06/03
113 月刊フェスク5月号が掲載されました。
本日より月刊フェスク2016年5月号を掲載しました。
消防庁のうごきでは、「パッケージ型自動消火設備に係る研究開発の概要及び運用上の留意事項について(1)」と題しまして、48号通知の解説や研究開発に関する内容を紹介していただいております。
前月号に掲載した告示の解説と併せてご確認いただき、連載記事の来月号をお待ちいただきたいと考えます。
->URL
2016/05/06
112 月刊フェスク4月号が掲載されました。
本日より月刊フェスク2016年4月号を掲載しました。
消防庁のうごきでは、「パッケージ型自動消火設備の設置及び維持に関する技術上の基準の一部を改正する件」と題しまして、告示の解説をしていただいておりますので、ご確認ください。->URL
2016/04/06
111 「消防用設備等点検報告制度のあり方に関する検討部会」の聴講について
「消防用設備等点検報告制度のあり方に関する検討部会」の聴講について

平成28年3月25日(金)に消防庁予防課が事務局となる「消防用設備等点検報告制度のあり方に関する検討部会」がありました。
配布資料の掲載許可をいただきましたので掲載いたします。
また、こちらで概要を作成しましたので参考にされてください。

掲載場所は「広場からのお知らせ>消防のうごき」茶色のアイコンになります。->URL
2016/03/28
110 防火設備検査員に関する実技講習の申込について
新たな資格「防火設備検査員」の実技試験について一般財団法人日本建築防災協会様より、情報提供がありましたので、消防交流広場をご覧の皆様にお知らせいたします。
お知らせの内容としては、「学科講習」修了考査に合格された方が受講することとなる「実技試験」において、受講希望日が後半に集中することが予想され、受講者の希望通りの場所で受講することが困難になる可能性があるとの事です。
現時点で3月19日は既に満員ですが、早い時期に開催する会場は、定員に空きがあるようですので、受講可能な方はどうぞお早めに申し込みください。->URL
2016/03/08
109 「やさしい日本語(にほんご)」を 使(つか)った館内放送を紹介
大阪市役所本庁舎では、災害等発生時の館内放送については、日本語に不慣れな外国人やこどもなどにも確実に、分かりやすく情報をお伝えするために「やさしい日本語」を取り入れている旨の情報提供を頂きましたので、ここで紹介させていただきます。
海外からの観光客が多いところや子供を預かる施設などで参考となると思いますので、ご一読頂ければ幸いです。->URL
2016/03/07
108 月刊フェスク3月号が掲載されました。
本日より月刊フェスク2016年2月号を掲載しました。
民泊に設置が想定される消防用設備等を紐解く「消防庁のうごき」や高層の建築物の出火防止対策等の運用基準の改正された東京消防庁による記事「技術情報」などが3月号に掲載されております。
また、世界でも例をみない送水口博物館の紹介記事もありますのでお見逃しなく!->URL
2016/03/07
107 月刊フェスク 最新号の見どころ
月刊フェスクの「最新号の見どころ」をアップしましたので、ぜひご活用ください。詳細はリンク先をご参照ください。->URL
2016/02/25
106 平成28年度 消防防災研究助成金 交付事業について
既に(一財)日本消防設備安全センターのHPでご覧になった方もいらっしゃると思いますが、現在、消防防災研究助成金交付要綱に基づく競争的研究等助成事業のテーマを募集しております。
募集締切は、平成28年3月18日となりますので、ご興味のある方は当センターのHPより、「消防防災研究助成金交付要綱」、「研究助成事業応募要領」及び「【別記様式】消防防災研究助成金交付要綱」をご覧いただき、ご応募願います。(担当:企画研究部 平井)->URL
2016/02/23
105 月刊フェスク2016年2月号を掲載
本日より月刊フェスク2016年2月号を掲載しました。
消防庁のうごきや国土交通省の定期報告制度の件、消防交流広場に関する記事も掲載されております!!->URL
2016/02/05
104 月刊フェスク 最新号の見どころ
 月刊フェスクの「最新号の見どころ」をアップしましたので、ぜひご活用ください。詳細はリンク先をご参照ください。->URL
2016/01/26
103 月刊フェスク 2016年1月号をアップしました。
 月刊フェスクの最新号である2016年1月号をアップしましたので、ぜひご活用ください。->URL
2016/01/08
102 月刊フェスク 最新号の見どころ
 月刊フェスクの「最新号の見どころ」をアップしましたので、ぜひご活用ください。詳細はリンク先をご参照ください。->URL
2015/12/25
101 ハロン消火剤と予防行政に関する研修会 講演資料について
 消防庁予防課様、消防環境ネットワーク様のご厚意により、講演に用いた資料をご提供いただきましたので、消防のうごきに掲載いたします。最近の予防行政の動向を含めた多岐に渡る内容が紹介されておりますので、皆様の業務にお役立てください。->URL
2015/12/15
100 月刊フェスク 2015年12月号をアップしました。
 月刊フェスクの最新号である2015年12月号をアップしましたので、ぜひご活用ください。->URL
2015/12/07
99 平成27年度 消防機器等に関する研修会 聴講
 平成27年11月24日(火)に開催された標記研修会(共催:一般社団法人全国消防機器協会、日本消防検定協会)を聴講してきました。概要を「消防のうごき」に掲載いたしましたので、ご参照ください。->URL
2015/11/27
98 月刊フェスク 最新号の見どころ
 月刊フェスクの「最新号の見どころ」をアップしましたので、ぜひご活用ください。詳細はリンク先をご参照ください。->URL
2015/11/27
97 月刊フェスク バックナンバーのご紹介:震災時に備えて水道と消防の連携構築を
 2015年11月25日(水)より、ニッショーホールで開催されている「第63回全国消防技術者会議」(主催:消防庁 消防研究センター)の特別講演において、関澤愛様(東京理科大学大学院 国際火災科学研究科 特任教授)より、特別講演がありました。
 講演中、震災時に備えて、水道部局と消防部局との連携構築の必要性についての説明があり、説明用のスライドの中で、「月刊フェスク2011年11月号」に寄稿した旨の紹介がありましたので、この機会に再度読み直していただければ幸いです。

【特別寄稿「震災時に備えて水道と消防の連携構築を」の概要】
・阪神大震災において、消火が困難だった最大の理由は、貯水型の防火水槽の不足と考えられる。しかし、防火水槽の整備は後回しとなる可能性が高く、消火栓に期待せざるを得ない状況。
・震災時に漏水が発生すると、水道事業者は、まず水を止めて、漏水箇所の発見と修繕を行うため、消火活動の用途として最も必要とされる時間帯に、消火栓が使用できない可能性が高い。
・東京消防庁では、東京都水道局と連携し、消火栓が使用できない地区が把握できるシステムを構築している。
・大規模震災で同時多発火災が生じた場合は、ある程度の漏水を覚悟してでも、水を流して消火に使うというコンセンサスを水道部局との間で取っておくことも必要ではないか。
・水道部局との連携には、平常時からの話し合いが不可欠。その際、消防部局側から、震災時の水道の必要性を説明しておく必要がある。

詳細はリンク先(月刊フェスクのページ)をご参照ください。->URL
2015/11/25
96 月刊フェスク バックナンバーのご紹介:経営講座
 現在、横浜市の分譲マンションに端を発した、くい打ち工事におけるデータ偽装が大きな社会問題となっており、問題の発生要因の追及とそれに基づく再発防止策の検討が急がれます。
 月刊フェスクの連載コーナー「経営講座」No.6(2008年12月号)では、当時発生していた事故米の混入による偽装問題を中心に、「各種偽装事件の結末の整理」と「企業の行動理念と哲学の実践」などを取り上げております。こちらは、現在でも参考になる内容ですので、この機会に、自社業務を振り返る材料の1つとして、お役立てください。
 なお、「経営講座」No.6を含めた3本の記事について、会員登録をせずに閲覧することができますので、ぜひこの機会にアクセスしてみてください。
 詳細は、リンク先をご参照ください。->URL
2015/11/19
95 対象火気設備、対象火気器具等の取扱いに関する条例の制定に関する基準を定める省令の公布
 消防庁は、対象火気設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取扱いに関する条例の制定に関する基準を定める省令の一部を改正する省令を、平成27年11月13日に公布いたしました。

【改正概要】
・ガスグリドル付こんろに係る離隔距離を別表第 1に新たに規定
・最大入力値が5.8kWであるIH調理器に係る離隔距離を別表第 2 に新たに規定

 事前に実施されていた意見募集の結果や省令の内容を「消防のうごき」に掲載しておりますので、ご興味のある方はご参照ください。->URL
2015/11/16
94 「最近における予防行政の動向について」消防庁予防課 講演資料について
 昨年に引き続き、消防設備協会長会議に用いた資料の提供が、消防庁予防課よりありましたので、「消防のうごき」に掲載いたします。定期報告制度の見直しや点検報告制度の現状などについて、まとめられておりますので、ご参考にされてください。->URL
2015/11/05
93 月刊フェスク 2015年11月号をアップしました。
 月刊フェスクの最新号である2015年11月号をアップしましたので、ぜひご活用ください。->URL
2015/11/05
92 月刊フェスク 最新号の見どころ
 月刊フェスクの「最新号の見どころ」をアップしましたので、ぜひご活用ください。詳細はリンク先をご参照ください。->URL
2015/10/28
91 平成27年度 予防技術講習会 東京会場 講演資料について
 消防庁予防課様のご厚意により、講演に用いた資料をご提供いただきましたので、消防のうごきに掲載いたします。最近の予防行政の動向が示されておりますので、皆様の業務にお役立てください。->URL
2015/10/08
90 月刊フェスク 2015年10月号をアップしました。
 月刊フェスクの最新号である2015年10月号をアップしましたので、ぜひご活用ください。->URL
2015/10/05
89 月刊フェスク 最新号の見どころ
 月刊フェスクの「最新号の見どころ」をアップしましたので、ぜひご活用ください。詳細はリンク先をご参照ください。->URL
2015/09/30
88 第1回 蓄電池設備技術基準検討部会 概要
 消防庁予防課 事務局による「第1回 蓄電池設備技術基準検討部会」を傍聴して参りました。概要を「消防のうごき」に掲載いたしましたので、ご参照ください。->URL
2015/09/18
87 防火設備検査員の講習について
 平成28年6月の施行が予定されている新たな「定期報告制度」では、「防火設備検査員(仮称)」が位置づけられておりますが、このたび、9月15日付で国土交通省から示された法定講習に関する基準案を参考に、一般財団法人日本建築防災協会において、今年度中に任意講習を実施することが発表されました。
 ご興味のある方は、リンク先(消防のうごき)をご参照ください。->URL
2015/09/17
86 定期報告制度の見直し内容(案)について
 国土交通省住宅局建築指導課では、本日より10月15日までの期間、防火設備の定期報告制度の見直し(案)に関するパブリックコメントを行っております。
 特に、新設される「防火設備検査員」は、実技講習を含む防火設備登録講習を受ける必要があり、「消防設備点検資格者として5年以上の実務経験」、「甲種消防設備士又は乙種消防設備士として5年以上の実務経験」等の資格要件も記載されております。
 ご興味のある方は、リンク先(消防のうごき)をご参照ください。->URL
2015/09/15
85 対象火気設備、対象火気器具等の取扱いに関する条例の制定に関する基準を定める省令(案)について
 消防庁では、対象火気設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取扱いに関する条例の制定に関する基準を定める省令の一部を改正する省令(案)の内容について、 パブコメを実施しております。締切は、平成 27 年 10 月 13 日となっておりますので、意見のある方はリンク先をご参照ください。
【概要】
・ガスグリドル付こんろの別表第 1への追加
・別表第 2 における IH 調理器の最大入力値を 5.8kW に引上げ

なお、昨年度開催されていた検討会の概要を消防交流広場の「消防のうごき」に掲載しております。ご興味のある方は合わせてご参照ください。->URL
2015/09/10
84 月刊フェスク 最新号の見どころ
 月刊フェスクの最新号である2015年9月号と「最新号の見どころ」をアップしましたので、ぜひご活用ください。詳細はリンク先をご参照ください。->URL
2015/09/07
83 小規模向け火災予兆センサ「PROTECVIEW LT」のパンフレット
 能美防災㈱さんより、9月1日から販売開始となりました小規模向け火災予兆センサ「PROTECVIEW LT」のパンフレットを頂きました。
 従来品である「PROTECVIEW」は、火災の予兆段階での微量な発煙を検知できるシステムを搭載し、データセンターやサーバー室等で導入されております。今回発売された「PROTECVIEW LT」は、特に50平方メートル以下の小規模施設に特化したシステムとのことです。
 消防用設備のうごきにパンフレットのPDFデータを掲載しますので、ご興味のある方はご参照ください。->URL
2015/09/03
82 第1回 119番通報の多様化に関する検討会 概要について
 消防庁 国民保護・防災部防災課 防災情報室 事務局による「第1回 119番通報の多様化に関する検討会」(9月1日開催)を傍聴して参りました。概要を「消防のうごき」に掲載いたしましたので、ご参照ください。->URL
2015/09/03
81 月刊フェスク2015年7,8月号をアップしました。
月刊フェスク2015年7,8月号をアップしましたので、ご活用ください。->URL
2015/08/31
80 月刊フェスク2015年5,6月号をアップしました。
月刊フェスク2015年5,6月号をアップしましたので、ご活用ください。->URL
2015/08/28
79 月刊フェスク2015年3、4月号をアップしました。
月刊フェスク2015年3、4月号をアップしましたので、ご活用ください。->URL
2015/08/27
78 天津爆発事故に関するレポートについて
損保ジャパン日本興亜リスクマネジメントさんでは、事故や災害について分析した調査レポートを公表しております。
その中に8月19日付けで「天津爆発事故の状況」がまとめられておりましたので、広場にもアップロードしておきます。
近年に発生した火災爆発事故例も記載されているので、ご一読いただければ幸いです。->URL
2015/08/26
77 月刊フェスク 掲載時期について
いつも消防交流広場をご利用いただきありがとうございます。
このたび、会員の皆様からのご要望にお応えして、月刊フェスクの掲載時期を早めることと致しました。2015年9月号につきましては、9月7日(月)掲載予定ですので、ぜひご活用ください。詳細はリンク先をご参照ください。
->URL
2015/08/26
76 月刊フェスク2015年2月号をアップしました。
月刊フェスク2015年2月号をアップしましたので、ご活用ください。->URL
2015/08/25
75 月刊フェスク2015年1月号をアップしました。
月刊フェスク2015年1月号をアップしましたので、ご活用ください。->URL
2015/08/24
74 月刊フェスク2014年12月号をアップしました。
月刊フェスク2014年12月号をアップしましたので、ご活用ください。->URL
2015/08/21
73 月刊フェスク2014年10、11月号をアップしました。
月刊フェスク2014年10、11月号をアップしましたので、ご活用ください。->URL
2015/08/20
72 月刊フェスク2014年6~9月号をアップしました。
月刊フェスク2014年6~9月号をアップしましたので、ご活用ください。->URL
2015/08/19
70 無線式自動火災報知設備の感知器及び無線式住宅用防災警報器に係る不具合について
既に新聞等にも掲載されておりますが、ホーチキ株式会社製の無線式自動火災報知設備の感知器及び無線式住宅用防災警報器において、無線による火災信号が適正に送信されない不具合が確認されたと、消防庁予防課より連絡がきましたので、お知らせいたします。->URL
2015/08/17
66 点検報告制度のあり方に関する検討部会の議事要旨について
平成27年7月1日に消防庁予防課が開催した「消防用設備等点検報告制度のあり方に関する検討部会」の議事要旨が、消防庁のHPに掲載されております。点検報告制度について検討部会で意見交換されたものですので、点検に携わる方は、ご一読いただければ幸いです。->URL
2015/08/07
65 特殊消防用設備等講演会(10月7日:大阪開催)について
大規模・複雑化した建築物や地下街等と一体となった建築物等において、互いに火災の影響が及ぶことを防止する「緩衝帯を有する接続部」が重要な役割を果たすことが期待されています。
本講演会では、「緩衝帯を有する接続部」について、火災工学上の知見に基づく検討結果としての評価方法を提案いたします。関係各位のご参加をお待ちしております。
内容、申し込み方法等の詳細は、違反是正支援センターのホームページをご参照ください。->URL
2015/08/05
64 平成27年度 都道府県予防事務担当者会議資料について
平成27年7月10日に行われた「平成27年度 都道府県予防事務担当者会議」に用いられた資料を、消防庁予防課様にご提供いただきましたので、ここに掲載いたします。->URL
2015/07/15
63 気象庁にて、内閣府・観光庁と連携し、『緊急地震速報の多言語辞書』を作成
先日紹介した「やさしい日本語(にほんご)」を 使(つか)った チラシに引き続き、新たな情報の提供がありましたので、紹介いたします。->URL
2015/07/02
62 「消防用設備等点検報告制度のあり方に関する検討部会」の傍聴について
本日(平成27年7月1日)、消防庁予防課が事務局となる「消防用設備等点検報告制度のあり方に関する検討部会」を傍聴して参りましたので、概要及び配布資料を掲載いたします。

掲載場所は、「広場からのお知らせ>消防のうごき」茶色のアイコンになります。->URL
2015/07/01
61 「やさしい日本語(にほんご)」を 使(つか)った チラシ
大阪市平野区のHPに、「子供たちにも解りやすい防災訓練に関するチラシが掲載されている。」との情報提供がありましたので、紹介いたします。
HP上でダウンロードできるチラシ(wordデータ)は、日にちや場所を入れて活用することが可能で、地震や津波などへの対応について、やさしく説明がなされております。
また、大阪市消防局の方々が訓練を手伝う写真も掲載され、より解りやすくなっておりますので、アクセスしてみて下さい。よろしくお願い致します。->URL
2015/06/22
60 月刊フェスク・リーフレットDLコンテンツのリニューアル
月刊フェスク・リーフレットDLの両コンテンツをリニューアルいたしました。
月刊フェスクとリーフレットの表紙をサムネイル化し、視覚的に検索を容易にしましたので、ご利用いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。->URL
2015/06/22
59 防火設備(防火戸・防火シャッター等)の報告について…国土交通省より
昨日、国土交通省よりパブコメが発出されております。
定期報告制度の見直しに関するもので、防火戸や防火シャッター等の防火設備に関する調査・検査を行う者の資格について、意見募集が始まりました。
これに関連する情報が交流掲示板に書き込まれておりましたので、消防のうごきに掲示いたします。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=155150717
->URL
2015/06/19
58 消防防災研究助成事業の決定について
平成27年度の消防防災研究助成金による交付事業が決定しました。
今年度から安全センターが設定したテーマに沿ったものを募集する「テーマ設定型」の区分が設けられ、テーマ自由形と合わせて4件に助成金を交付することとなりました。
決定した事業については、リンク先をご覧ください。->URL
2015/06/11
57 バナーリンクの更新について
6月1日より、(一社)日本火災報知器工業会のHP上に、住宅用火災警報器の特設サイトが開設されたことを、最新ニュースでお伝えしましたところ、先方より消防交流広場用のバナーを頂戴しました。
ページの下にバナーリンクを設定しましたので、「とりカエル」君!?より特設サイトへアクセスしてみて下さい。
宜しくお願い致します。

※ バナーリンクが更新されていない方は、「F5」キー等で画面を更新して下さい。->URL
2015/06/08
56 (一財)建材試験センター様のセミナーについて
「建築基準法に基づく性能評価セミナー」を、埼玉県草加市と愛知県名古屋市で開催する旨の案内が、一般財団法人建材試験センター性能評価本部 様からありました。
 詳細は、リンクより先方のHPをご確認ください。
 区画貫通配管等の大臣認定を行っているメーカさんなどは、参加を検討されても良いかと考えます。->URL
2015/06/03
55 10年経ったらとりカエル!!
本日より、(一社)日本火災報知器工業会のHP上に、住宅用火災警報器の特設サイトが開設致しました。
火災警報器の交換や設置方法などに関する情報が得られるサイトとなっており、動画や漫画で一般の方にもわかりやすく説明がなされております。
ご興味をもたれた方は、特設サイトにアクセスして下さい。->URL
2015/06/01
54 消火器「ホースのヒビ割れ」に関する機種と刻印番号の追加について
消防庁HP(消防関係製品のリコール情報について)に、新着情報が掲載されております。

モリタ宮田工業㈱製の消火器(2013年製造の一部)において「ホースのヒビ割れ」に関する機種と刻印番号の追加が発表されております。
ホースにヒビ割れが発生しても、消火機能と安全性に影響はなく、消火器用「ホース」の規格・規程について技術上の欠陥にあたらないと判断されているため、ヒビ割れが確認された商品のみ自主交換となっています。
 ※ 全数交換ではなく、ヒビ割れが発生したものを自主的に交換

対象となる消火器のホースの情報は、モリタ宮田工業㈱のHPにアクセスしてご確認願います。->URL
2015/05/25
53 消防設備六法の発売について
消防設備六法の平成27年度版が本日から発売となりました。
購入をご希望される方は、安全センターオンラインショップよりお求めください。->URL
2015/05/20
52 消防用設備等のルートCに関する講演会の開催について
消防用設備等のルートCに関する講演会を、7月2日(木)に福岡市博多区で開催いたします。
場所や日時、講演内容等については、リンク先のホームページよりご確認願います。(交流掲示板にもリーフレットを添付しております。)
また、講演会に参加を希望される方は、ホームページ上で申し込みをお願い致します。
 ※ リンク先のページ内にある「参加申し込みはこちら」からどうぞ->URL
2015/05/13
51 石コン等の消火用屋外給水施設における合成樹脂配管の使用に関する検討会報告書が消防庁より発出されました。
消防庁より「石油コンビナート等の消火用屋外給水施設における合成樹脂配管の使用に関する検討会報告書」が公表されました。
この検討会には、安全センター技術部も委員として参画しておりますので、ご興味のある方は消防庁のHP(報告書)のリンクからご確認願います。
なお、安全センターでは消防庁の登録認定機関として23品目を認定しており、そのひとつとして「合成樹脂製の管及び管継手」があります。->URL
2015/04/28
50 月刊フェスクの記事追加について
いつも消防交流広場をご利用いただきありがとうございます。
本日より、月刊フェスク2013年1月号から12月号までの記事(一部)を掲載いたします。
交流掲示板にご投稿にありますように、月刊フェスクの最新版の掲載をご要望いただいておりますが、データ処理や二次使用に関する許諾を得る作業等により、掲載時期が遅くなっております。
記事の掲載時期については、今後の改善箇所と捉え、検討を行っておりますので今後とも宜しくお願い致します。->URL
2015/04/23
49 予防行政のあり方に関する検討会(平成27年度 第2回) 概要
本日(平成27年3月30日)、消防庁予防課が事務局となる「予防行政のあり方に関する検討会」を傍聴して参りましたので、概要を掲載いたします。->URL
2015/03/30
48 住宅用火災警報器及び住宅用消火器の配布モデル事業
 一般社団法人全国消防機器協会では、住宅用火災警報器と住宅用消火器の普及促進を図るため、次の事業を実施するとありました。
 
事業内容
(1)住宅防火対策推進の観点から昨年度に引続き、火災等の災害時に高齢者への支援体制ができる環境が整っている高齢者世帯に対する住宅用火災警報器(以下「住警器」という。)及び住宅用消火器(以下「消火器」という。)の配布事業を行う。
(2)配布する住警器は2,000個(煙式のもの)、消火器は500本とし、1団体あたり、原則として、住警器は100個、消火器は25本を配布する。
(3)配布先団体は、当委員会が選定する地区の団体(概ね20団体)とする。
(4)配布する者は、一般社団法人全国消防機器協会「社会貢献委員会」とする。

 詳しくは、一般社団法人全国消防機器協会のHP(トピックス)、又は消防庁の通知をご覧ください。

機器協会HP
http://www.nfes.or.jp/
消防庁通知
http://www.fdma.go.jp/concern/law/tuchi2703/pdf/270324_jimuren.pdf


->URL
2015/03/26
47 IP電話回線網に接続する火災通報装置の基準検討報告書
IP電話回線の急速な普及により、火災通報装置の呼返し機能を担保することが困難な現状を踏まえ、安全センターでは、「火災通報装置の基準検討委員会」を立ち上げ、IP電話回線網に接続するための技術基準等を検討し、報告書にまとめましたので、ここに掲載いたします。
 本報告書を基に、告示改正に繋がる動きもあるかと思いますので、関係者の方はご一読頂ければ幸いです。->URL
2015/03/25
46 「最終回スプリンクラー設備等の耐震措置に関する調査検討会 概要」
昨日、(平成27年3月9日)開催した。「最終回 スプリンクラー設備等の耐震措置に関する調査検討会」の概要を掲載いたします。->URL
2015/03/10
45 「第6回 高齢者や障がいに適した火災警報装置に関する検討部会 概要」
本日消防庁予防課事務局による「第6回 高齢者や障がいに適した火災警報装置に関する検討部会」の概要を掲載いたします。
 なお、本検討部会は今回で最終となります。->URL
2015/03/06
44 ㈱横井製作所製止水弁付き採水口の改修について
消防庁HP(消防関係製品のリコール情報について)に、新着情報が掲載されております。

対象となる止水弁付き採水口を製造した㈱横井製作所のHPによると、2012年より販売した止水弁付き採水口において、バタフライ弁のギアに過度な力を加えたことで、破損した事故が起きたことに対し、破損防止のために機能追加の改修作業を行うとあります。
 ※ 「回収」ではなく「改修」です。
 
なお、納入先への連絡及び対応方法の説明等は、順次行っているとありますので関係者の方はお待ち下さい。
詳しくは㈱横井製作所のHP(2月26日付の重要なお知らせ)にアクセスしてご確認願います。

改修前にご使用の際は、過度な力を加えないように注意願います。
->URL
2015/03/04
43 リーフレットのデータを更新しました。
社会福祉施設に関わる消防法令の改正についてまとめたパンフレットをアップしました。六項ロ・ハを新旧で見やすく表にしておりますので、ダウンロードしてお使い下さい。->URL
2015/03/02
42 IP電話回線に接続する火災通報装置の検討について
IP電話回線の急速な普及により、火災通報装置の呼返し機能を担保することが困難な現状と考えます。(コスト削減を理由に、IP電話回線を選択する方が増加)
そのような現状を踏まえ安全センターでは、「火災通報装置の基準検討委員会」を立ち上げ、検討を行ってきました。
ここで、検討した内容を踏まえ告示改正に繋げる動きもあるかと思いますので、事務局でまとめた主な検討事項を皆様に情報提供いたします。よろしくお願い致します。
->URL
2015/02/27
41 消防庁報告書(2001~2011年)をアップしました!
消防庁報告書(2001~2011年)を2月6日にアップしましたが、一部閲覧できない不具合がありました。本日、順繰りと改修をかけておりますので、宜しくお願い致します。
なお、ブラウザの種類によっては、PDFデータの閲覧が困難な場合もあります。その際は、一度、PC等にダウンロードしていただき閲覧願います。->URL
2015/02/12
40 外部リンク先について(東京理科大学 グローバルCOEプログラム)
この度、東京理科大学大学院 国際火災科学研究科 教授 小林 恭一 様のご協力により、東京理科大学 グローバルCOEプログラム「先導的火災安全工学の東アジア教育研究拠点」総合研究機構 火災科学研究センターへのバナーリンクを貼ることとなりました。
 このGCOEのHPでは、「中国や韓国の火災統計データ」や「東アジア諸国の防火法令(東京理科大学又は関係者が和訳したもの)」、「東アジアの火災GCOEネットニュース」等が掲載されております。
 なお、バナーリンクは、消防交流広場の各ページの下側に設定しておりますのでよろしくお願い致します。->URL
2015/02/05
39 消防法施行規則の一部を改正する省令(案)について
総務省消防庁によりパブコメが実施されております。
締切は2月14日となっておりますので、ご意見がある方はリンク先を参考にして下さい。(タイトルをクリック)
 【概要】                       
平成25年の消防法施行令の改正により、令別表第1(5)項イ並びに(6)項イ及びハに掲げる宿泊施設、病院又は診療所及び社会福祉施設について、延べ面積に関わらず自動火災報知設備の設置が義務付けられたため、自動火災報知設備の感知器等を設けることを要しない部分について改正(案)が示されております。->URL
2015/02/05
38 第3回 スプリンクラー設備等の耐震措置に関する調査検討会
「第3回 スプリンクラー設備等の耐震措置に関する調査検討会」の概要を掲載いたしました。->URL
2015/02/05
37 「改正155号通知に関する研修会」資料追加
消防庁予防課及び消防環境ネットワークが開催する「改正155号通知に関する研修会」の資料を、ご提供いただきましたのでこちらに掲載いたします。(資料追加)->URL
2015/01/29
36 講演会の申込を開始しました。
 本日より、特殊消防用設備等講演会の申込をHP上で開始致しました。今年は大規模化している建築物の接続部の評価方法について、講演を行います。3月5日(木)13:30より東京都文京区のシビックホールで開催となりますので、ご興味のある方は、下記のURLにアクセスし、詳細をご確認願います。
皆様のご来場心よりお待ちしております。
http://www.fesc.or.jp/ihanzesei/symposium/index.html->URL
2015/01/23
35 月刊フェスクの追加アップしました
月刊フェスク2012年11月号をアップしましたのでご利用ください。->URL
2015/01/14
34 月刊フェスクの追加アップしました
月刊フェスク2012年9月号、10月号をアップしましたのでご利用ください。->URL
2015/01/09
33 月刊フェスクの追加アップしました
月刊フェスク2012年7月号、8月号をアップしましたのでご利用ください。->URL
2015/01/07
32 能美防災㈱様の「リング型表示灯発信機」がグットデザイン金賞を受賞
能美防災㈱様の「リング型表示灯発信機」が、2014年度のグッドデザイン金賞を受賞しました。
 発信機を小型化し、表示灯をリング状ですり鉢状の凹形状とすることで、左右からの視認性を確保しています。
また、フラット化させたことにより、デザイン性の向上や出っ張りを無くしたいというニーズに応えたものとなっております。
ご興味を持たれた方は、能美防災㈱さんの紹介記事をご覧ください。->URL
2015/01/06
31 「改正155号通知に関する研修会」資料
消防庁予防課及び消防環境ネットワークが開催する「改正155号通知に関する研修会」の資料を、事前にご提供いただきましたのでこちらに掲載いたします。->URL
2015/01/06
30 月刊フェスクの追加アップしました
月刊フェスク2012年5月号、6月号をアップしましたのでご利用ください。本日より随時アップしていきます。->URL
2015/01/06
29 消防防災研究助成金への応募について
一般財団法人日本消防設備安全センターより、消防防災研究助成金交付要綱に基づき競争的研究等助成への応募についてお知らせいたします。->URL
2015/01/05
28 「第2回 スプリンクラー設備等の耐震措置に関する調査検討会」
本日(平成26年12月24日)開催した。「第2回 スプリンクラー設備等の耐震措置に関する調査検討会」の概要を掲載いたします。->URL
2014/12/24
27 事例研究 第3弾
事例研究 第3弾を掲載しました。
「交流掲示板」と「消防関連Q&A」にて、関連した内容の投稿がありましたので、第3弾は、閉鎖型ヘッドの配置について皆様の考えを募集します。
過去の設置事例や指導した経験を回答としてお寄せください。よろしくお願いします。

->URL
2014/12/24
26 月刊フェスクの追加アップしました
おまたせしました。月刊フェスクの2012年1月から4月までをアップしました。
5月以降もお待たせせずに順次アップしていきます。
どうぞ、ご覧ください。->URL
2014/12/16
25 「予防行政の動向について」平成26年11月4日 消防庁予防課 設備専門官 伊藤 要 様による講演
消防庁予防課 設備専門官 伊藤 要 様より、講演に用いた資料の掲載許可をいただきましたのでここに紹介いたします。->URL
2014/12/11
24 透明樹脂製の蓄圧式消火器「CALMIE」の点検要領
㈱初田製作所さんが開発した透明樹脂製の蓄圧式消火器「CALMIE」の点検要領について、消防庁より平成26年12月5日付けで通知が発出されております。->URL
2014/12/08
23 事例研究 第2弾 集計結果発表
皆様、お待たせしました。
「事例研究コンテンツ第2弾」の集計が終了しましたので、結果を報告させていただきます。->URL
2014/12/03
21 事例研究コンテンツ第2弾の締切
事例研究コンテンツ第2弾の締切が迫って参りました。
 11月26日23:59締切
消火器の設置高さに関する事例として、皆様の考えを募集しております。
消防機関、設備士、点検資格者の方々だけでなく、製造者や防火対象物関係者なども
参加しやすい内容となっていますので、是非、よろしくお願いします->URL
2014/11/25
20 水系消火設備「NFシステム」のパンフレット
交流掲示板の書き込み「駐車場の消火設備が変わるかも」を受け、斎久工業㈱さんから水系消火設備「NFシステム」のパンフレットを頂きました。->URL
2014/11/13
19 リーフレット等のダウンロードページの追加
リーフレット等のダウンロードページで消防法に関する普及啓発に用いるリーフレット等がダウンロードできるようになりました。->URL
2014/11/11
18 無線式連動型 住宅用火災警報器「まもるくん」
交流掲示板の書き込み「無線式の住宅用火災警報器を普及しよう」を受け、住宅用火災警報器の製造・販売を行っている能美防災㈱さんから情報提供がありました。
無線式連動型 住宅用火災警報器「まもるくん」は、宅内配線不要で最大16台まで連動可能とのことです。
能美防災㈱さんから頂いた資料を掲載いたしますので、ご興味を持たれた方はこちらをご覧ください。
->URL
2014/11/06
17 「スプリンクラー設備の耐震措置等に関する調査検討会」
スプリンクラー設備の耐震措置等に関する調査検討会についてまとめました->URL
2014/11/06
16 事例研究 第2弾
事例研究の第2弾をアップしました。皆様のご回答をお待ちしています。
また、第1弾の結果もアップしてありますのであわせてご覧ください。->URL
2014/11/06
15 事例研究 第一弾 集計結果発表
皆様、お待たせしました。
「事例研究コンテンツ第一弾」の集計が終了しましたので、結果を報告させていただきます。
->URL
2014/10/29
13 交流掲示板注目のスレッドについての資料を掲載
交流掲示板のスレッド「住宅防火(10/6)」に、モリタ宮田工業㈱さんのスプリネックスミニに関するコメントが寄せられております。この件についてモリタ宮田工業㈱さんから概要をまとめた資料を掲載しました。->URL
2014/10/28
12 第100回 全国消防長会予防委員会
平成26年10月23日に鹿児島で行われた第100回 全国消防長会予防委員会のまとめです->URL
2014/10/27
11 「ハロン消火剤」に関するリーフレットについて
広場からのお知らせに、「平成26年度ハロン抑制対策連絡会」の概要を掲載しておりますが、「ハロン消火剤」について、特定非営利活動法人消防環境ネットワーク様より、情報提供を頂きました。->URL
2014/10/27
10 事例研究コンテンツ第一弾の締切
事例研究コンテンツ第一弾の締切が迫って参りました。
 10月22日23:59締切
消火器の設置高さに関する事例として、皆様の考えを募集しております。
消防機関、設備士、点検資格者の方々だけでなく、製造者や防火対象物関係者なども
参加しやすい内容となっていますので、是非、よろしくお願いします。->URL
2014/10/20
9 消防法施行令の一部を改正する政令(案)等に対する意見募集の結果及び政令等の公布
消防庁は、平成26年10月16日付けで、以下の政令等を公布しました。->URL
2014/10/17
8 透明樹脂製の蓄圧式消火器「CALMIE」について
交流掲示板で㈱初田製作所さんが開発した透明樹脂製の蓄圧式消火器「CALMIE」についてコメントが寄せられております。
  強度についてメーカにコメントを求めたものに答え、㈱初田製作所さんから、本体容器の必要強度についてまとめた資料を頂きましたので、ここに掲示致します->URL
2014/10/16
7 一般財団法人福岡県消防設備安全協会様 – ハンドブック等
一般財団法人福岡県消防設備安全協会様より、消防交流広場に掲載する資料として、次の3点を提供していただきました。

資料① 消防設備要領取扱ハンドブック
資料② 通報・消火・避難訓練実施マニュアル
資料③ 適正点検チェックポイント 防火対象物関係者の皆様へ

皆様に、ご活用いただければ幸いです。
->URL
2014/10/16
6 「有床診療所における防火対策の自主点検の徹底について」
「有床診療所における防火対策の自主点検の徹底について」(平成26年10月10日付け消防予第409号)により、強化月間を設け「有床診療所防火対策自主チェックシステム」の利用促進を図るように、各消防本部に依頼通知されました。->URL
2014/10/14
5 月刊フェスクをアップしました
月刊フェスク2008年1月号から2011年12月号までアップしましたのでご利用ください。大変お待たせしました。->URL
2014/10/03
4 「平成26年度ハロン抑制対策連絡会」(事務局消防庁予防課)概要
連絡会の内容をまとめました->URL
2014/09/30
3 ヤマトプロテック 消費者庁の定例会見
定例会見をまとめました->URL
2014/09/30
2 「第一回 対象火気設備等技術基準検討部会」 概要
検討部会の様子をまとめました->URL
2014/09/29
1 「予防行政のあり方に関する検討会」概要
検討会の様子をまとめています。->URL
2014/09/29